釣り情報

湖畔でのつり風景

野反湖では、明治の末ごろ、コイ・フナ・ドジョウなどが放流され、大正から昭和20年ごろまで、夏の間、職業漁師が漁をして、花敷温泉や草津温泉に持っていき、生計を立てていたと伝えられています。昭和34年にニジマスが放流され、ニシブタ沢での自然繁殖が見られるようになり、一部の釣り人の間では、天然ニジマスの釣れる湖として知られるようになりました。昭和40年代に入り、ルアーやフライなどの疑似餌を使ったスポーツフィッシングの愛好家が増えるにつれて、釣り場としての野反湖が脚光を浴び、近年は、釣り雑誌などでも紹介されています。遊漁券は、野反湖キャンプ場、野反湖富士見峠休憩舎、野反湖展望台などで扱っており、ポイントマップガイドを配布しています。ルールを守って、お楽しみ下さい。
なお、ニシブタ沢は「保護水面」に指定されておりますので禁漁です。

野反湖フィッシングガイド
期間 5月1日〜11月10日(ただしイワナについては9月20日まで)
1日遊漁料(日鑑札) 大人 1,000円
子供(中学生以下) 500円
監視員による現場売り 大人 1,500円
子供(中学生以下) 1,000円
年間遊漁料(期間鑑札) 5,500円+腕章500円(すでに所有している腕章は再利用できます)
住所・氏名・年齢・電話番号をお聞きします
写真(縦34ミリ×横26ミリ以内)1枚必要です
期間鑑札購入お問い合わせ先 中之条町役場電話0279(75)2111  中之条町六合支所電話0279(95)3111
自動券売機設置場所 野反峠休憩舎
野反湖キャンプ場受付事務所
野反湖展望台兼案内所

※釣り監視人が不定期に巡視いたします、現地販売は500円増しとなりますので  必ず鑑札を購入のうえ、釣りをお楽しみ下さい。
inserted by FC2 system